2014年12月14日

梁の計算 フリーソフト その2

梁の計算 フリーソフト その2

単純梁・連続梁・片持ち梁・固定梁の計算 フリーソフトのサイトです。
http://kensetu.osusume-soft.com/kouzou/hari6

 スポンサーリンク


Hari
Excel上で梁の撓みと応力を計算します。 梁の種類は両端支持と片持梁だけですが、実用性と入力の簡便性を重視しています。 等分布荷重に加えて複数の集中荷重(最大8個)にも対応しています。 最大撓みと最大応力の値を求め、その発生位置を出力し、撓み曲線とモーメント線図も合わせて出力します。

梁柱計算名人
梁・柱の強度計算、応力やたわみ等の計算を行うソフトです。 もっとも使用頻度の高い片持梁、支持梁、固定梁及び柱に限定し、一件当りの検討を短時間に 行うことができます。 各種材料に対する許容応力値、部材のサイズ毎の断面2次モーメント、断面係数等強度計算に必要なデータを内蔵しています。

2D frame 0022
EXCELで平面フレームの梁計算を行います。 所要のデータを入力すると、節点変位、部材端反力、支点反力を計算します。 手軽に計算できるので、構造部材の簡易チェックに、便利です。

梁強度計算(FEM) 梁(はり)専門
有限要素法(FEM)による、梁、BEAMの強度計算ソフトです。 有限要素法による計算のため、どんな荷重、拘束(固定)であっても難解な計算をすることなしに結果を得ることが可能です。 入力は直感的な操作が可能、物性は事前登録データが豊富、結果はグラフィカルで一目瞭然です。

フレーム 2D
2次元のFEM骨組構造解析ソフトです。大変形解析もできます。 はりを曲げた時に、長さ方向についても実際と同じ変形をします。 両端固定の薄板構造(曲げ剛性は少ないが、引張り剛性はあるもの)の解析も可能です。 強制変位による大変形が可能ですので、FPCのような大きく屈曲した際の応力解析や、一 端を移動した際の全体形状の検討も可能です。

小骨くん 1
小規模な2次元のFEM骨組構造解析を行うソフトです。 最大要素数が18と極小規模ですから、データ入力がとても簡単です。 1つの要素で、片持ちはり+集中荷重の変形を100%表現できる精度を持っていますので、 予備解析ツールとしていろんな場面で使えます。骨組構造の学習としても最適です。

小梁 Kさん
鉄骨の小梁を計算するソフトです。

断面力計算表 (単鉄筋長方形断面)
断面力計算表(単鉄筋長方形断面)です。SI単位でわかりやすい6列 計算表です。inputシートに計算条件を入力すると計算結果が出て 、outputシートに印刷します。

免震層は、構造物の基礎部分に設けると構造物全体に免震効果を与え、構造物との取り合いも最小限で済むことになります。基礎に設置できない場合は中間層に設けることもありますが、エレベーターや階段など建物との取り合いに特別な工夫が必要となります。




posted by funo at 07:13| 梁・スラブ・RC断面の計算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする